家電

コロナ除湿機CD-P63Aのレビュー。コスパと使い勝手良し!エアコンとの除湿能力の比較も

投稿日:2018年6月21日 更新日:

コロナ除湿機の外観

コロナ除湿機

コロナの除湿機CD-P63Aのレビューです。

結論からいうと、お値段の割にとっても使い勝手が良かった!!

では、どのように使い勝手が良かったのか?
とはいっても、欠点もあるんじゃない?

詳しく写真入りで紹介します。
エアコンとの除湿能力の比較もしてみました。

関連記事
除湿して部屋を快適に!マンション暮らしの私が選んだおすすめ除湿機
花粉症対策や脱臭に!ダイキンの加湿空気洗浄機MCK70Tを半年間使用したレビュー MCK70Uとの比較も



コロナ除湿機のレビュー

除湿機本体の取っ手が持ちやすく、移動しやすい

コロナ除湿機の持ち手を握っている様子

持ち手は丸みがあり握りやすい

これ!地味に大事なポイントです!
コロナの除湿機は、上部に丸みのある取っ手があります。
除湿機中には、収納式の取っ手がついているタイプもあるのですが、掴んでみると、取っ手が角ばっていて痛い!

軽いものなら気にならないですが、除湿機ってまあまあ重いんですね。(このコロナ除湿機は、約8kgの重さです)

女性目線でも、この丸みがある取っ手はかなり持ちやすく、移動させやすかったです!



デザインは庶民的

コロナ除湿機は梅雨の季節に大活躍

丸みを帯びたデザイン

デザインは、丸みがあって庶民的です。
洗練されたデザインでは、ありません。

除湿機の本体が大きすぎない

タンクが大きい割には、本体が大きすぎないのは助かります。
除湿機って、毎日使う花形家電ではなく、ここぞっていうときに使うサブ家電のイメージ。
だから、大きいと置き場所に困ってしまいます。

タンクが大きい割りにこの除湿機本体の大きさは、とってもの嬉しいです!

タンクが透明なので、水のたまり具合が一目瞭然!

パッと見ただけで、水の量が分かるのはとっても楽チンでした。

タンクが3.5Lあるので、水捨て回数が少なく、安心して外出もできる

除湿機のタンクは3.5Lある

タンク容量は、3.5Lもある

私の実家の除湿機は、タンク容量2Lです。
2Lのタンクって、洗濯物が乾く前に水がいっぱいになっちゃうことも!

想像してみてください。

外出前に、除湿機のスイッチを押したはずなのに、タンクが満水でストップしてしまった状況を。

乾いているはずの洗濯物が、帰宅したら、乾いていないなんて本当にがっかりですよね。

その点、3.5Lも容量があるタンクなら、安心して外出だってできちゃいます。

タンクに蓋がなく、1動作で排水できる

コロナ除湿機のタンク奥の持ち手を持っている様子

タンクには、手前だけではなく、奥にも持ち手がある

このコロナの除湿機には、タンクに蓋がありません。
蓋を開けるという1動作がなく、さっと素早く水捨てができちゃいます!

ちなみに、手前だけではなく、奥にもちゃっかり持ち手があるので、安心して持つこともできます。

さっと水捨て!とっても便利でした。

もちろん、ホースを繋げての排水も可能

コロナ除湿機は排水ホースをつけることもできる

排水ホースをつけることもできる

洗面所で使用する方は、ホースをつないで排水することもできます。
水を捨てる手間が省けるのは、良いですね。



切タイマーは、2時間・4時間・8時間がある

切タイマーの時間としては、十分です。

私は、除湿機を使用する際には、いつも切タイマーをセットするようにしています。

運転音は比較的小さめ

除湿機なので、音は確かにします。
コンプレッサー方式のため、ゴーという音です。

しかし、実家にある他社の除湿機と比べたら、運転音は小さめという印象。
部屋の扉を閉めれば、全く気になりませんでした。

コンプレッサー方式のため、デシカント方式に比べて電気代が安い!

このコロナ除湿機は、コンプレッサー方式の除湿機です。
なので、電気代がデシカント方式やハイブリッド方式に比べ、安いです。

しかも、さらに!電気代を節約できる『節約モード』もあるんでず!

せっかく買ったのに電気代を気にして使わないのはもったいない!
ランニングコストを抑えられる除湿機は、かなり魅力的です。

除湿方式について

除湿機とエアコンの除湿機能との比較

除湿機とエアコンの除湿機能にどのくらい差があるのか比較しました。
除湿能力を比べるため、雨の日に、エアコンと除湿機(衣類乾燥モード)を6畳の寝室で1時間ずつ運転させてみました。

エアコンでの除湿は、湿度が下がるまで時間がかかる

部屋の湿度は、64パーセントある

エアコン ドライ前の部屋の湿度は、64パーセントある

除湿開始前は、湿度64パーセント、室温25.3度です。
湿度・温度計の右上にある「にこちゃんマーク」が、WET(湿ってる)表示されています。

エアコンのドライ運転をする様子

エアコンのドライ運転をする様子

さて、エアコンのドライ(除湿)運転をしてみようと思います。

 

湿度が60パーセントある

エアコン1時間後、湿度は60パーセントになった

1時間後、湿度は60パーセントになりました。
湿度は下がってはいるけれど、4パーセント下がっただけです。
ちなみに、室温は、約1度下がっています。

湿度があまり下がらなかったので、引き続きエアコンをつけたまま1時間。

湿度が51パーセントある

エアコン2時間後湿度は9パーセント下がったが・・・

エアコンでの除湿を始めてから、計2時間後、湿度51パーセントになりました。
13パーセント湿度が下がりました!

でも、ここで、一言。

「寒ーい!!!」

それもそのはず、室温22.6度です。

エアコンの中には、室温を下げずに湿度だけ下げてくれる機能付きのシリーズもあります。
でも、空気を温めるので、その分電気代はかかってしまいますが。


除湿機は、みるみる湿度が下がる!

湿度が66パーセントある

除湿機運転前、湿度は、66パーセントある

除湿開始前は、湿度66パーセント、室温24.6度です。
湿度・温度計の右上にある「にこちゃんマーク」が、WET(湿ってる)表示されています。

コロナ除湿機のスイッチを押している様子

除湿機のスイッチを入れます

さて、除湿機のスイッチを入れてみます。
コロナの除湿機は、操作ボタンがシンプルです。

 

湿度は、48パーセントある

除湿機1時間後、湿度は48パーセントになった

1時間後、湿度は48パーセントになりました。
18パーセントも湿度が下がりました!

エアコンのドライ1時間後と比べると、14パーセントも多く下がってる。
かなりの差です!

除湿機のタンクに水がたまる様子

すでに、こんなにもタンクに水がたまっている!

あれっタンクにももう1.5センチの水がたまってる!
洗濯物を干しているわけでもないのに、こんなに水がたまるとは思いませんでした。

やっぱり湿度を下げるには、エアコンより除湿機が有効ですね!

ちなみに、温度は24.6度→26.5度に。
約2度の温度上昇がありました。

コンプレッサー方式の除湿機でも、室温が約2度上昇していました。
ということは、デシカント方式だともっと室温が上昇しそうですね。

除湿方式の長所・短所はこちら

冬でも除湿能力が落ちないコロナの除湿機がある

コンプレッサー方式の除湿機は、冬は除湿能力が下がるのですが、それを補ってくれる除湿機もあります。

 

こちらの除湿機なら、室温が10度を下回ると、ヒーターを併用した除湿運転を行ってくれるんです!
「厚物」衣類乾燥もできるので、冬でも大活躍。結露対策にも良いですね。

ただし、本体の値段が上がる&ヒーターを併用するので、電気代が上がるのが難点です。

本体も大きい&重い(約12kg)ので、移動が少なく広いリビングをパワフルに除湿したいという方にはおすすめです

-家電

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナ除湿機は梅雨の季節に大活躍

除湿して部屋を快適に!マンション暮らしの私が選んだおすすめ除湿機

除湿機は雨の日の必需品 こんにちは。ゆっぴーです。 現在、マンションに住んでいます。 マンションの北側の部屋って、窓が少なく、コンクリートに囲まれているため通気性がとっても悪いんです! 雨の日は、窓も …

ダイキンMCK70T加湿ストリーマ空気洗浄機は奥行きもあって大きい

シャープとダイキン空気洗浄機の比較《2018年》それぞれの特徴とおすすめまとめ

加湿空気洗浄機 こんにちは。ゆっぴーです。 私自身、我が家の空気洗浄機を購入するにあたりシャープかダイキンでかなり悩みました。私は、色々と調べることが好きなので、電機店めぐりをかなりしちゃいました。 …

ダイキン加湿ストリーマ空気洗浄機MCK70T

花粉症対策や脱臭に!ダイキンの加湿空気洗浄機MCK70Tを半年間使用したレビュー MCK70Uとの比較も

ダイキン加湿ストリーマ空気洗浄機MCK70T こんにちは。ゆっぴーです。 我が家は、半年前にダイキン加湿空気洗浄機MCK70Tを購入しました。 花粉症対策もしたいし、脱臭もしたい。 子どもがよく風邪を …